top of page

「訪問看護の意義」


看護

仕事とは、

どんな職業でも

どんな場所でも

どんな時代でも

主語は”お客様”だと思っています。


”お客様のために”どんな情報が必要か

”お客様のために”どんな環境が必要か

”お客様のために”私たちはどうあるべきか

”地域の在宅医療・介護のために、会社はどうあるべきか

常に、主語は利用者さんや地域サービスの在り方です。


全体での会話、職員個々の会話の中で

この主語が、”私(職員)”になっていないか、注意しています。


”私は”頑張っている。

”私は”こうしたい。

”私は”今までこうやってきた。


という、”私”を会社は求めていません。


今ある環境で、それぞれが利用者やサービス向上に目を向けていくのです。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page