【管理者の思い】



『家で過ごしたい』 って誰でも思っていいことですよね。 高齢者、障がい者、LGBT、◯◯病、、、


これ(名称)は誰かがラベルを作っただけで 僕たちがサポートしたいのは 『困ってる"その人"』なんです。


まずは、『訪問看護』という制度を使って、地域の方々をサポートしたいと考えています。 その中で… 『自宅で困っている人を放っておけない』 自宅で過ごす方々はセルフケア能力が低下しています。 病院で高度な治療や適切な指導を実施しても、自宅で継続できなければ効果は薄くなるでしょう。 病院で患者を待つのは、もう、やめませんか。 自宅で暮らす方々をサポートし必要な時に病院を利用する。

本来在るべき医療・介護のカタチをもう一度考えませんか。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示