管理者の徒然日記⑤(依存と訪問看護)




【依存症について】

鎌倉衛生時報(2022.9)引用

・依存症を見分けるポイント

”客観的に必要かどうか”です。必要でもないのに、のめり込んでいるものは依存症です。

依存には2種類があります。

①酒 タバコ 薬物 甘味などの物質依存

②ネット スマホ ゲーム ギャンブル 性行為 恋愛 買い物などの行為依存

依存がストレス解消するのではなく、依存行動が”新たなストレスを生む”と認識することが必要です。


・ドーパミン

快楽を司どるドーパミンというホルモンがあります。

例えば、ネットゲームで他人に勝利したことによりドーパミンが分泌され、”快楽”を感じます。

ただし、依存を続けているとドーパミンが効きづらくなり、さらなる快楽を求めて”それ”に依存していきます。

範馬刃牙のように操れたらいいんですけどね、中々難しいようです。


・依存を悪化させる3つの行動

①世話を焼くこと

②依存行為をしているときに叱責・説教する

③周囲が責任を感じること

・依存を悪化させない3つの行動

①ご褒美

②注意はシンプルに

③具体的に伝えること


・依存に向かう背景に隠れるもの

①集団適応が苦手

②成績不振

→寂しさや満たされない気持ちがあるのかもしれません。


まずは依存しているモノそのものを把握して、理解することが重要とされています。

会話を増やしてその人・その行動に興味を持つ必要があります。


訪問看護の際も、

アルコール、ギャンブル、リストカット、甘味、深夜までの活動など

様々な依存するモノがあると感じています。

その行動をただ否定しません。受容もしません。

ただ、ある事実を受け止める。

支援者と対象者しかわからぬ、少し相手に踏み込んで良いタイミングがある。

そのときに、”その(依存)モノ・行為は必要か”を確認し介入していくのです。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示