訪問看護ステーションにおける理学療法士の強み①

更新日:8月3日


訪問看護ステーションのリハ職の役割について考えを逡巡する今日この頃です。

そんな中で出た結論のひとつ。



「リハビリ専門職の強みは“評価”にある」と考えています。



理学療法士であれば、なぜ対象者が動けないかを評価し、その結果に基づいて介入すること。

筋トレはその介入方法の一部分でしかありません。

週1~2回の介入のみではなかなか筋力は向上しませんが(自主トレが必要)、解剖学・生理学・運

動(力)学の知識を駆使して、楽に動けるちょっとしたポイントをお伝えしたり、手技で問題を解決す

ることもあります。


個人の考えで進めるのではなく、他のリハビリ職や看護師と相談しながら
その人に合ったケアを提供していきます。
閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示