top of page

”心理的安全性の高い職場”を目指す理由






心理的安全性の高い職場とは、従業員が自分自身を自由に表現し、アイデアや意見を自由に提供できる環境だと思います。


1、開かれたコミュニケーション 従業員が上司や同僚とオープンにコミュニケーションを取り、意見交換ができることが重要です。

また、職場内でのコミュニケーションに対してのフィードバックを積極的に行い、改善点を共有することも大切です。

2、エラーを恐れない文化 まず、”人間はエラーを犯すもの”と認識した方がいい気がしてます。

心理的安全性の高い職場では、従業員がミスを恐れることなく、自分の行動や判断に対して率直に向き合い、学びを得ることができる文化が醸成されています。

そのためには、エラーが起こった場合には非難や罰則ではなく、原因を共有し、解決策を考えることが必要です。

3、チームワークと共感 チーム全体が共通の目標を持ち、互いにサポートしあい、お互いに共感し合えることが重要です。

これは、個人の成功よりもチームの成功を優先する文化が醸成されていることを意味します。

4、意思決定に従業員が参加する 従業員に意思決定に参加する機会を与えることで、彼らが自分自身の職場に参加し、影響を与えることができるます。これにより、従業員は自分自身が貢献することができ、職場の方向性を共有することができます。

5、ワークライフバランスの重視 心理的安全性の高い職場では、従業員が仕事とプライベートのバランスをとり、自分の時間を管理できるようにサポートすることが重要です。長時間労働や仕事の過剰負荷は、従業員のストレスや疲れを引き起こし、訪問サービスの質に悪影響を与える可能性があります。


まずは職員が”幸せ”と感じる”場”作りが重要だと思っています。


#看護師 #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #精神保健福祉士 #社会福祉士

閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page